ひどい乳児湿疹もアルメタ軟膏で治すことができました

0歳児の顔の乳児湿疹がひどかった

湿疹

娘が0歳の頃、顔中に湿疹が出て、乳児湿疹は一時的なもので徐々に治ると思っていたので、普通に過ごしていました。

1人目の子どもでしたので、とても心配でした。

ステロイドに対してもあまり知識がないのに、漠然と反対していたので、非ステロイドの軟膏を塗っていましたが、一向に良くなりませんでした。

いくつか小児科を訪れましたが、アレルギーのテストは1歳以上でないとできないので調べることもしませんでした。

やはり私の考えの場合、結局どこへ行っても結局、非ステロイドの軟膏しか処方されず、自然治癒を待つしかありませんでした。

しかしながら、良くなるどころか悪くなる一方で、顔をみるのも可哀そうになってきて、本当に早く治ってほしいと思いました。



アルメタ軟膏を使用することにした

薬

どんどん酷くなってケロイドのような状態になっていく娘の顔を見て、あるお医者さんが、「ステロイドを塗らないと良くなりませんよ。

かゆくてたまらないのも可哀そうです。

」と強くおっしゃって下さり、目の前でステロイド入りのアルメタ軟膏をしっかり塗ってくださいました。

その前に、先生からきちんとステロイドに対する正しい知識を説明頂けたので、使用する決心も付きました。

それまでに非ステロイドの薬を使っても何も効かなかったので、ワラをもすがる思いでした。

具体的には、ひどい時は数日間アルメタ軟膏を塗り、収まったら、通常のワセリンなどの保湿クリームでしばらく様子を見て、またひどくなったらアルメタ軟膏を塗るという手順でした。



とてもきれいに治りました

嬉しい

そうすると、数ヶ月もどうすることもできなかった、ケロイド状の顔の湿疹が、信じられないくらいきれいに治りました。

もう本当にびっくりしました。

ステロイドは怖いくらい効果があるんだなあと思いました。

今まで、非ステロイドの軟膏で頑張っていましたが、それは間違いでした。

あんなにかゆがっていたので、もっと早く使ってあげればよかったと後悔しています。

アルメタ軟膏を使って、半年ぐらい経つと成長と共に乳児湿疹は自然に治りました。

きれいに治った後も、保湿を欠かさないようにすれば肌を強くきれいに保つことが出来、アレルギー物質の侵入も防げると教わったので、そのようにしたところ、肌の状態はとても良く保てるようになりました。


TOPページ トップへ戻る 赤ちゃんの肌荒れや乾燥などのトラブルを解決するために実施したこと

↑ PAGE TOP

サイトマップ